小口十四子の日記

日記やイラストとたまにお知らせも載せます

「個物」展と人生フルーツ  

IMG_5710_convert_20170321105134.jpg 
永井ミキジさんの「個物」という展示に行ってきました。
素敵なものがたくさんありました。一つ一つにここへ来るまでの過程の物語があってどれもこの機会を逃したら出会えない一点ものばかりなので選ぶのが本当に大変です。
そして私は前から欲しいと思っていた50音のハンコに出会ってしまい、宝塚歌劇団のトロフィー(努力賞)に一目惚れしてしまい、買ってしまったのです。
IMG_5771_convert_20170321105208.jpgIMG_5772_convert_20170321104643.jpg

宝塚のトロフィー、とても品が良い素敵なトロフィー。
IMG_5773_convert_20170321104702.jpg

何も努力してないけどお金を払って努力賞を獲得しました。
これを得るまでに、どれだけの苦労があったことか想像すると少し申し訳ないです。

IMG_5705_convert_20170321122109.jpg IMG_5707_convert_20170321122205.jpg

杉並海の家は庭も縁側もあって、二階には作り付けの二段ベッドがあったり、建物も楽しくて魅力的なギャラリーでした。


ポレポレ東中野で「人生フルーツ」という映画を見てきました。
ここ数年の悩みというか課題は子離れで、子供が自立した後にどうやって一人で生きて行ったら良いかが分からないので人生の指針となるような映画や本を求めています。「幸せなひとりぼっち」も見たいと思っているのですが、なかなか上映日と自分の予定が合わないのでまだ見れていません。
「人生フルーツ」とても良かったです。私は自分が失敗してしまったので結婚というものにネガティブな発言ばかりしがちですが、あんな風に素敵に添い遂げられる人生を来世では送ってみたいものです。まあでも映画や本になるくらいだからあそこまで理想的な関係性の夫婦で居られるのはやはり難しいことなんだろうな。
はあ〜っとため息が出るような言葉が沢山ありました。最高のガールフレンドって。良いな〜
食べなきゃいけないから生きるのは大変だけど、食べることをきちんとすることで謙虚でいられるしちゃんと人は立っていられるのかもしれません。食べることに限らず、掃除をするとか手入れをして大切に保つとか、そういうことをちゃんとやるだけでも人生忙しい、ということが面倒なことだけど有り難いことだと思いました。
それと、やっぱり老後は(と言わず今すぐにでも)森で暮らしたいと強く思いました。

壊れたものを捨てずに修理して使ったり、植物を種から育てて林や森にしたり、誰かの手を渡って時間を経て来た物の価値を再発見してまた他の誰かの手に渡って大事にされたり、長い時間をかけたからこそ価値が高まるというのが個物展でも人生フルーツでも共通して感じるもので、人にも物にも心して大事に関わらないといけないなと思った二日間でした。



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

全身麻酔と尿意  

こたつサロメ_convert_20170306122847 
またしてもだいぶ間が空いてしまいました。毎年1〜2月は何かしら体調を崩すのですが、今年は歯のトラブルで、この2ヶ月は歯に振り回された日々でした。
お正月に親知らずの虫歯が原因で顔が大福みたいに腫れて入院したのですが、2月末に再び入院して4本の親知らずを抜いてきました。今回は歯を抜くことより、人生初というかできれば最初で最後にしたい全身麻酔の方が脅威でした。
想像してた普段眠りにつくような感覚とは全然違って手術室で大勢の医者や看護師に囲まれて冷たい手術台に乗せられてスポットライトと視線を浴びまくるので、頭は超緊張状態で冴えまくっているのに、薬が効き始めたら無理やりシャットダウンさせられる、強制終了という感じ。眠る時が徐々に薄らいでだんだん暗くなっていくフェードアウトのような感じだとすると、麻酔は猛スピードでじわじわ薬が染み込んできて視界が真っ黒になっていくので「わー!やめてー!」と思っても抗えないうちに意識がプツッと切れます。不慮の事故とか殺されたりとかして突然死ぬことになるとこんな感じなのかなと思いました。あんな風に「マジで!?これで終わり!?え、え、ええっ!!」とか思ってるうちに終わるんだろうな。すごく気持ちが悪い嫌な感じだったな。
私が受けたのは点滴から入れる静脈麻酔というものだったので、麻酔の種類によっても違うのかもしれません。

何かの夢を見ていたのですがそれは覚えていなくて、起こされたら全部終わってベッドに移されて病室に運ばれて寝ていました。朦朧とする中4時間くらい酸素マスクをして動いてはいけないということだったのですが、3時間くらい経ったところで猛烈にトイレに行きたくなって、看護師さんに言ったら尿受けの皿みたいなものを腰の下に入れてくれたのですが、その姿勢ではどんなに頑張っても出すことができず、泣きそうになりました。ナースコールをして看護師さんに「どう頑張っても出ません」と言ったら「恥ずかしいからね。自分で出来ないって決めちゃってるんだよね」って、自分で限界設定しちゃってるみたいな、甘えてるみたいな、精神論の問題的なことを言われたけど、恥ずかしいとか思って無いっつーの!麻酔で力も入らないし物理的に無理なんです。と言いたかったけど喋るのも体を動かすのもままならない状態だったので言い返せませんでした。
それにしてもおしっこが出来ない、出ないってなんて人を情けない気持ちにさせるんだろう、そしてなんて辛いことなんだろう、トイレでおしっこができるってなんて幸せなありがたいことなんだろう、ということをベッドの上でずっと考えていました。トイレに行けるってなんて幸せなことなんだ、トイレに自由に行けるだけで十分幸せだと思って今、生きています。この感覚に名前をつけるならば、IMALUの名前の由来である生きてるだけで丸儲け、みたいな、トイレに行けるだけで丸儲け、"TOMALU"となるでしょう。
でも看護師さんもお医者さんも素晴らしくありがたい存在の人々で優しい看護師さんばかりでしたので本当に現代医療の進歩とそれを支えてくれいている存在に感謝しています。

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

あけましておめでとうございます。  


年賀状2_のコピー_convert_20170118110922 
あけましておめでとうございます。
前回からだいぶ間が空いてしまい、色々なことがあったはずなのですが忘れてしまったことも多いし沢山ありすぎてこんなに空いてしまうと何を選んで書けば良いのかわからないものですね。
直近の話題として印象に残っているのは、お正月に親知らずが虫歯になって顔が腫れて、一週間入院したことです。まさか虫歯で入院するとは思わなかったのですが、抗生剤と痛み止め飲んでれば引いていくだろうと甘く見ていたら、引くどころかどんどん膨らんでいってこのままじゃ顔が破裂する!と怖くなり、痛みにも耐えられなくなって入院することになりました。
普段薬は毒だと思い込んでなるべく漢方薬を使ったり、化粧品や洗剤、食べ物も自然派のもので生活したいと心がけているけど、入院するなり点滴を一日中打ちっ放しで、普段の心がけなどが一気に全否定されて薬漬けの毎日でした。でもこの痛みをなんとかしてくれるならもう何でもしてくれぃ!女紹介してくれぃ!という気持ちでした。西洋医学万歳!医療の進歩本気(マジ)感謝!という思いで過ごしていました。
エッセイ漫画を描きたいとずっと思っているので入院の後半暇な時に入院についての漫画のネームを少し描いたのですが、結局描くのが遅すぎて全然進まず、退院したら入院で休んだ分の溜まった仕事に追われて、こうやって描かないまま私の人生は終わっていくんだなぁ・・・と諦めそうになっている所に今います。でも猫についてのエッセイ漫画は今年こそ描きたいです。

最近見て面白かった映画
クリーピー 偽りの隣人
この世界の片隅に
マッドマックス 怒りのデスロード
海よりもまだ深く
サウルの息子
人生スイッチ

一月からの新ドラマで見ようと思っているもの
東京タラレバ娘
住住
カルテット
山田孝之のカンヌ映画祭
バイプレイヤーズ
お母さん、娘を辞めてもいいですか
スーパーサラリーマン左江内

あとテラスハウスも久しぶりにテレビでやっているので見ています。


category: 未分類

tb: 0   cm: 0

高円寺フェスなどに行ってきました  

高円寺フェスに行ってきました。似顔絵沢山描かせて頂き、嬉しかったです。ありがとうございました。猫の力はすごいな!と思いました。

鬼太郎似顔絵_convert_20161031103648 
磋藤にゅすけさんに描いてもらった鬼太郎と私の融合…つまり私と鬼太郎の子供はこんな感じということです。子供の時鬼太郎のこと恋愛対象として本気で好きだった時期があったから、なんかうれし恥ずかしですね。鬼太郎なのにちゃんと似てる!どんなリクエストにもさらっと応えてて、すげー!の一言でした。本当うまいなー

ひろせべにさんしおり_convert_20161031110446
ひろせべにさんの個展とこけしのイベントにも行ってきました。ひろせべにさん、本当に素敵!無言で見ていましたが、「Wooow! It' so wonderful!!  Yeah, oh my god!! That's amazing so beautiful!!」と私の中のテンション高い時に現れるエセ西洋人が心の中では大暴れでした。
1日目に行ったのに、絵が沢山売れていました。猫と女の子の宇宙に漂ってるみたいな絵欲しかったな。今度は貯めたお小遣いを握りしめて一番乗りで行くんだい!

こけし顔_convert_20161031103056 
見るからに自分がこけしであることに不満を抱えた表情が良くて購入しました。確かに不憫ですよね。自由に動き回りたいだろうな。顔が痒くても掻けない…
こけし鳥1_convert_20161031103125 
こけしと関係無いけど可愛かったので鳥と、おとぼけの表情が可愛いこけしも買いました。

この2日の間に、「え〜!マジですか!!驚愕!!」という驚く話を3個くらい聞いて心底驚いたのですが、4〜5時間経ってから「そういえば前に聞いたな…」と思い出して、そんなに驚くことを完全に忘れていたことにさらに驚愕でした。
でも、他の人にも「この話3、4回話したのにな」ということを「え〜!初めて聞いた!びっくり!」と言われたので、みんなそんな感じで生きているのかもしれないですね。
ブログを書くのにも、「これ、新しい気づき!」と思って書こうとすると3年前に同じこと書いてたりすることがよくあります。
同じネタを新鮮に何度も楽しめるのは良いことなのか悪いことなのかよくわからなくなってきました。

それと、にゅすけさんと話してて、御岳山のことを「みたけさん」と私は話したのですが、「おんたけさん」じゃないですか?と言われ、自信がなくなり、この間登った山が何だったのか、またしても霧に包まれてしまいました…迷宮入りです。永遠のラビリンス。幻の山ですね。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

高円寺フェス まんが&アートまつりに参加します  

高円寺フェスのまんが&アートまつりに参加させてもらうことになりました。
私は30日に似顔絵をやります。
今年は猫をテーマにしているので、「頭か肩か腕に猫がぶら下がる似顔絵」をやろうと思います。

猫似顔絵3_convert_20161027160843 猫似顔絵4_convert_20161027160901猫似顔絵5_convert_20161027160919

左上から、綾瀬はるか、なだぎ武、茂木健一郎、かもめんたるのう大、もたいまさこです。
娘に誰の似顔絵かクイズを出したら誰も当てられませんでした。でも、茂木健一郎のことを「題名のない音楽会の人」と言っていて、前に葉加瀬太郎の似顔絵描いた時にも「脳科学の人」と言っていたので、茂木健一郎と葉加瀬太郎が完全にごちゃ混ぜになっているようです。良い線いってるってことですよね。おしい!
あと、
座・高円寺のB2Fで「ニャックス」複製原画×「ねこパンチ」表紙展
も開催されていて、私は「演劇猫ニャヨコ」という漫画を描いて展示してもらっています。
オチが安易だな…と反省していますが他のたくさんの作家の方々の漫画は見ものだと思います!
どうぞよろしくお願いいたします。



category: 未分類

tb: 0   cm: 0