小口十四子の日記

日記やイラストとたまにお知らせも載せます

37歳、中学生の娘さんがいる女性の方です(加藤諦三先生の声で)  

スキャン_8_convert_20170414101135 
娘はあまり物事を深く考えるタイプではなく、自分の主張を通すより周りに合わせる楽さを取る人なので、友達とのトラブルも大してなかったし、私とは正反対で基本的にポジティブなので学校の諸々の事も楽しく参加するし、機嫌が悪くなったら美味しいものを与えておけば元気になるので、これまで子育てで悩んだこととか苦労したことががあまりありませんでした。中学生になって思春期を迎えても反抗期と言えるような反抗をするわけでもないのですが、親の一部みたいな感覚であった子供の状態とは違って、一人の人格を持った私とは別の人間、半分大人な他人として最近は存在しているので、戸惑うことが多いです。

これまで家の中で娘に気を使うことなんてなかったけど、この頃は私が娘に人見知りしてしまうことが時々あります。一番気楽な相手だったのに、話しかけるのにも気を使ってしまって、家の中に今までいなかった別の人が突然現れたような感覚を感じることもあるくらいです。
子離れするのとか、最近のそういう気を使ってしまうのとか、子育てについて初めてぶつかった壁を目の当たりにしているのですが、どちらも突き詰めると、子供の方の問題というより、大人然とした態度が取れない私自身の問題なのですが。

最近の悩み1
車で娘の習い事に送り迎えをしているのですが、車に乗っとたんにイヤホンをつけて自分の聴きたい音楽に没頭し始めるので、最初は「中学生の頃って一番音楽が沁みる時期だったよな〜そういう年頃になったのか〜、聴くが良い、好きなだけ聴くが良い」と思っていたのですが、話しかけても何の反応もないし、だんだん自分がバスかタクシーの運転手かという気持ちになってきて思わず「私は交通機関じゃないんですけど」と一度だけ娘に言ってみました。思春期の子供の親が一度は口にするセリフ…私も言われたことがある「お母さんは運転手じゃない」です。娘は「ああ、うん」と音量を下げたりしてちょっとは気にするようにはなりました。しかし果たしてそれで良かったのか、と思ってしまう自分もいるのです。音楽を聴きたい時期に好きなだけ聴くのが大事なのか、送ってくれてる人に対してその態度は失礼だと教えるべきなのか、どちらを優先すべきなのか。自分なんて、イヤホンで音楽聴くに留まらず、運転してくれてる母親の尊厳さえ完全無視してイヤホンで聴いてる曲を結構な大声で気分良く歌ってたりしてたので(聞かされてる方が地獄なやつ)私に比べたら全然マシだけど、自分と比較して同じだから良いと思ってしまうと、私のような非常識な社会不適合子供おばけおばさんを作り上げてしまうことになるので、判断基準にしてはいけないのです。社会人になった時に、そういう配慮ができない人だったら問題だし人としても嫌なので、今が伝えるべきチャンスなのでは、こういう機会に親が教えるべきことなんだろうな、とも思う。だけど、思春期の頃に車の中で親と話すより聞きたい音楽をイヤホンで聴くくらい普通というか、むしろ健全というか大事な時間のような気もするし。どっちが正しいんでしょう。

テレホン人生相談に相談したら…ってちょっと想像してみただけで大原先生の「お母さん、あなたね、」って声が聞こえてくる…「先ほどからお子さんのことを考えてるようなお話の仕方をされてますけど、お母さん、あなたは教育という言葉を振りかざして、良いですか、お母さん、あなたの心の奥底に、単に娘に構って欲しいっていう自分の欲求があることに、お気付きですか?」…とか、怒られるんだろうな。頭の中で大原先生の説教が止まらない。

子育てについて大したポリシーを持ってきたわけでもないですが、中学生も後半に入ると、子育ての仕上げ段階に入ってしまったんだなと感じます。ここへきてこれで本当に良かったのか、親として伝えるべき教えておくべきことをちゃんとやってきたのだろうか、と色々不安になっています。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oguchitoyoko.blog.fc2.com/tb.php/224-c5c1c638
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)