小口十四子の日記

日記やイラストとたまにお知らせも載せます

ドラマ  

この前の月9「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」が毎週楽しみで、ドラマにこんなにハマったのは久しぶりでまたドラマにハマりたいという欲求が強くなっています。今回のドラマはとと姉ちゃんしか今の所ちゃんと見ていないのですが、「ゆとりですがなにか」は録画してあるので見たいと思います。面白いかな。
私は子供の頃テレビ大好きっ子でした。住んでいるのが田舎だったこととか、時代もあるだろうけど、テレビの中で繰り広げられる世界が眩しくて、学校でも家でも冴えない自分という現実から逃れられる場所として夢中で見ていました。テレビの力が今よりもっと大きくてドラマも音楽番組も憧れの世界だったんですよね。芸能人とか神レベルの雲の上の存在でした。
色々なドラマを見ていましたが、自分の人生で一番初めにハマったドラマは「池中玄太80キロ」です。3歳くらいだったと思うけど母と姉と3人で見ていました。その後は大映ドラマにはまり、「ママはアイドル」「パパはニュースキャスター」「ママハハブギ」とか、あと野島伸司のドラマとかも大好きで見ていました。自分が今描いている「演劇少女☆カヨコ」で毎回終わりに「つづく」じゃなくてto be continued…って書いているのは「もう誰も愛さない」というドラマの終わりがto be continuedで、カッコいいナア!と思って憧れていたので真似して使っています。
もう誰も愛さないは衝撃的なドラマでしたが、その後同じコンセプトで作られた感じだった「あなただけ見えない」というドラマは難しくてちゃんと理解して見ていたのかどうか分かりません。ただ、三上博史が体当たりの演技で多重人格者を演じていたのですが、その怪演ぶりがすごくて、それまでトレンディドラマで二枚目な役が多かったのに、その後あまりそういう役で見かけなくなったような気がして、「三上博史はあの役をやったのは失敗だったんじゃないか…」と小学生の分際で分析して心配していました。どうなんですかね、その後の仕事とかちゃんと調べてもいないので小学生の私の的外れな分析だと思いますが。大人になった今もう一度見返したいです。

1998年からの二年間は暗黒の浪人生活だったのでほとんど見ていなかったのですが、90年代に見てたドラマの最後に記憶に残っているのは「略奪愛・アブない女」です。赤井英和が台所で寿司をむさぼり食った後、水道の蛇口から直で水を飲むシーンがあって、なんかすごい荒々しい男っぽいシーンなのに、寿司(酢飯)だしその後水道水か〜って思った記憶が強く残っています。そういえばこれは大映ドラマだったんですよね。80年代に夢中で見ていた大映ドラマの臭いを懐かしむ一方、小室ファミリー全盛期の時代には大映ドラマの世界観はもう時代とのズレがあって、そういう水道水みたいなシーンを面白がって見ていたような気がします。
2000年からは大学生になってしばらく東京で暮らしていたのですが、東京にいる時は全然ドラマを見ていませんでした。テレビ自体あまり見ていなかった気がします。なので1998年〜2008年頃までの10年間のテレビドラマがほとんど抜け落ちているので、その頃の面白いドラマをDVDで見れたら見たいと思っています。
今は「すいか」を見始めました。おすすめドラマがある方教えて下さい!

娘はもう中2なのですが、リアルの世界では保育園の時以来全然色恋の話がなくて、小学生の時は好きな男性芸能人は佐々木健介と言っていて、「この子は私と違って幸せな家庭を築けるかも」と思っていたのですが、「いつ恋」を見て坂口健太郎に夢中になってしまいました。坂口健太郎が演じてたような男子が好きって茨の道ですよね。いつ恋の役とか特にそうだったけど、なんとなく岡崎京子のマンガに出て来そうな男の子というか、小沢健二っぽさを感じるので当然私も好きです。
元々可愛いお嫁さんになれるタイプじゃないと思ってたけど、好きな男性のタイプが判明したことでますます幸せな結婚から遠ざかった気がするので、勉強を頑張って、経済的に自立した女になる事を勧めています。

category: 日記

tb: 0   cm: 8